優光泉のレビュー(飲んだ感想)

優光泉の効果

優光泉は「ゆうこうせん」と読むらしく、ちょっとややこしい。
酵素ドリンクの中で無添加なのは唯一コレだけなので、オーガニック女子にはこれなら飲めます。

私、青汁でファスティングやりたいんですけど!って人はこれ>>がおすすめです。 ファスティング道場で実際に使われてるファスティング専用に作られてる酵素ドリンクなので、空腹感がないが一番の特徴です。
材料全部が自然なものなので、体がダイエットを受け入れてくれやすいところが効果の出る理由だと思います。

今すぐ書いたいのよ!って人は公式サイトの中のキャンペーンを狙うのが一番安く買える方法です。 優光泉の安いページ(オマケ付き)


優光泉の私的な評判

ゆうこうせん効果

初回限定の安いセットは梅味と普通味の2本入りになってるんですが、、梅味が断然美味しい。

白い色の普通味は後味に若干白菜のお漬け物臭を私は感じるんですが、友達は「え?何も匂いしないよ」って言うので、感じない人がほとんどなのかな?

梅味は、梅の甘い香りで普通に飲み物としてずっと飲んでいたい美味しさ。
私は酵素ドリンクの中でユウコウセンの梅がダントツで好きです。

私的にこれが一番痩せやすいので、朝ご飯だけ置き換えただけでも十分効果を発揮しました。

7kg痩せて、もうダイエットの必要はなくなりましたが、梅酒より美味しいので焼酎割りにして飲んだりしてます。
希釈して冷蔵庫で冷やしておくと、来客用に美味しい健康ドリンクに使えて便利です。


有効戦くちこみ

酵素ダイエットってだんだん味に飽きてきます。
有効線も最初はすごく美味しいんですが、ただ同じものを飲むだけじゃ何となく飽きてくるので、ちょこちょこアレンジしたり違う酵素と交互に飲んだりするのがファスティングを楽に続けるコツだと思います。
来週のデートまでに!とか明日のイベントに絶対痩せたい!って人は金曜の朝から初めて、朝は普通に飲んで昼はヨーグルトにかけて、夜は炭酸割りにして・・・みた異な感じでアレンジすると♪

優光泉は、ヨーグルトにかけるとめっちゃ美味しいです☆

便秘ぎみな時とかはヨーグルトが良いので、ダイエットしながらお砂糖代わりに無添加の酵素ドリンクってアリかも♪


こうそだいえっと

ボトル半分くらいになったら、スミノフっていうちょっとかっこいい系のカクテル(コンビニに売ってます)とワンカップのイイチコ(おっさん臭い♪)を1本ずつ入れて冷蔵庫に入れとくと、夜仕事から帰ってきて炭酸を足して飲むだけで癒しのカクテルになります。
疲れてるのも忘れる美味しさ♪

私はたまたま梅味にハマってるだけで、どの酵素でやっても美味しいんじゃないかな?


優光泉を最安値で買う裏技

私が最近買ってるのは、大好きな梅味だけまとめて6本買い。
梅味が大好きすぎて、超巨大なぶっといプレミアムボトルを買いだめしてます。 うめ味まとめ買い
申込みボタンをポチってした後下に出てくるなかから 選べる、ちょっと裏技的な商品ですが、めちゃくちゃお得です。
優光泉だけは定期購入のしばりがなくって、最初定期購入で安く買っといて味が気に入らなかったらすぐにキャンセルする事もできます。
定期購入は1,620円OFFになるので、最初に安く買う裏技です。

ファスティングでデトックス効果が高いランキング

  •  優光泉(ゆうこうせん)

    優光泉 梅味

    体に優しくダイエット効果No.1  ★★★★★★★

    優光泉 初回限定2本で7800円 送料無料

    500ml入りが2本なので、1000ml♪ 1回あたり60ml飲むので、16〜17回分です。 私は酵素ドリンクの中でこの梅味が一番好きで、痩せた今でも定期的に大容量の梅味だけは注文しています。甥っ子が遊びに来るたび「梅ジュースちょーだい」って言われる子供も大好きな味の酵素ドリンクです。(*´ー`*)

  •  野草専科

    やそうせんか

    デトックス力半端なし!  ★★★★★★☆

    正直私は味が好きじゃないです。 飲めなくはないけど”野草”って味で、ちょっと飲みにくいですが、さすがは薬草の効果なのか、デトックス力は圧倒的にナンバー1です。
    他の酵素ドリンクに比べて安いのも魅力で、「良薬口に苦し」が平気な人は、この酵素ドリンクでファスティングするのが一番効果的だと思います。今40%オフセールやってて更にお得に購入できます。

    人口甘味料が入っていないのと、赤ワインみたいな飲み易さで、甘いものが苦手な人に向いてると思います。漢方薬の様な苦い風味が平気な人におすすめです。

  • めっちゃぜいたくフルーツ青汁

    めっちゃぜいたくフルーツ青汁

    青汁でファスティングするならコレ  ★★★★☆☆☆

    めっちゃぜいたくフルーツ青汁

    粉末でスティックに入ってるので、外出中でも楽に飲めるのがポイントです。 仕事中もランチはファスティング!って人にぴったりなファスティング青汁。 青汁とは思えない美味しい味と、贅沢に配合されたフルーツが体に「ちゃんと栄養摂ってるよ」って良い意味で勘違いさせてくれるので、痩せやすくしてくれます。

  • 7.5kg痩せれたドリンクはこれ

    どの酵素や青汁を使ってファスティングをしても良いですが、市販の野菜ジュースは当分がほとんどで栄養が足りてないので(ビタミン入ってるって書いてるけど酸化してて使い物にならない)、パンパなくお腹が空きます。

    カゴメの野菜生活とか伊藤園の1日分の野菜がこれ1本でOKとか、あれ系って添加物がたくさん入ってるのでファスティングの邪魔をするのであまりおすすめしません。

    体の仕組みを考えるとデトックスしてるのに、更に添加物を入れて体を汚す、、って本末転倒だと思うんです。
    体の事考えて野菜ジュース飲んでますって人たくさんいますが、あれ本当は逆効果なのでコンビニのサラダや野菜ジュースって逆に摂らないほうが健康になれます。

    ただ、プラセーボ効果(思い込み健康法)でこれを飲むと健康になれるって思い込んでる人には健康効果抜群にあるので、飲むなら信じきって自分を騙すくらいの勢いで使うといいです。

    私が7.5kg痩せれたファスティング専用の無添加酵素ドリンク(優光泉)は、これです。 ↓
    ユウコーセン

    楽天は公式ページよりも高かったし、アマゾンには売ってませんでした。最安値ショップを探してみましたが、送料無料の公式ページが一番お得みたいです。
    直販サイトの中でもここのぺージが一番安いみたいです。(危険!キャンペーンページ以外は高いので要注意です)
     

    ゆうこうせんってどんな商品??

    九州産野菜と完全無添加にこだわった本物の酵素「優光泉」は、健康重視で無理のないダイエットをしたい方にとってもオススメ!
    優光泉 創業25周年の安心と実績で売上本数は40万本突破の酵素ダイエット飲料です。
    たくさんの女性誌や美容雑誌でも注目されており、元モーニング娘。の市井紗耶香さんもオススメのアイテムです!

    なぜこんなに人気なのか?実は4つの特長があるんです。

    優光泉

    優光泉をファスティングで使うメリット4選

    1:厳選した地元九州産の野菜を使用

    60種類の野菜・薬草・海藻・果物など厳選した材料を使っており、コップ1杯でバケツ1杯分の野菜の栄養を摂取できます。
    野菜不足の方はもちろん小さな子供さんやお年寄りまで安心して飲むことができます。
    バランスも考えて配合されているので、酵素ドリンクによくありがちな体が冷えてしまうといったこともありません

    2:ファスティング(断食)の専門家が商品開発

    佐賀県佐賀市にある「エリカ健康道場」ではさまざまなお客様の健康相談を受けており、その経験をもとに独自のノウハウを凝縮して「優光泉」を開発しました。
    完全無添加の酵素ドリンクなので、ファスティング以外でも健康維持のために飲むのもOKです!

    3:完全無添加の生きた本物の酵素

    1ccの中に数100万個もの酵母菌が生きた状態で入っています。
    また、砂糖などで一切薄めていない原液100%で、香料なども入っていません。さらに、麦芽糖による抽出にこだわっていてカロリーも控えめ。

    4:2種類の味が選べる

    優光泉 酵素ドリンクは飲みにくいイメージが強いですが、「優光泉」は野菜本来の風味や甘みを活かして味付けを一切していないので、後味もすっきり。
    「スタンダード味」と「梅味」の2種類の味を選ぶことができて、飽きなくておいしいのです。

    さらに、水で割ったり炭酸水やヨーグルトに混ぜたりと、飲み方もバリエーションが豊富です。
    でも、続けられるか心配、ちょっとお試しで買うには高すぎる、と思う方もいますよね。
    「優光泉」は30日以内なら全額返金保証があるので、安心してお試しできちゃいます!
    ダイエットしながら健康にも気を使う方にはぜひ一度試してもらいたい一品です!

    7.5kg痩せれたドリンクはこれ

    私が7.5kg痩せれたファスティング専用の無添加酵素ドリンク(優光泉)は、楽天は公式ページよりも高かったし、
    アマゾンには売ってませんでした。最安値ショップを探してみましたが、送料無料の公式ページが一番お得みたいです。
    直販サイトの中でもここのぺージが一番安いみたいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
    ユウコーセン

このページの先頭へ